インスタグラムで不正ログインを感じたらすべき行動とは?

SNS

インスタグラムの人気が年々高まって行く中、同時に不正ログインによる被害が増えてきました。アカウントが乗っ取られたり、個人情報が流出したりするリスクがあるため、不正ログインに気づいたらどのような対処をすべきなのか、今回はご紹介します。インスタグラムのセキュリティ対策をしっかりと行い、安心して利用できるようにしましょう。

インスタグラムの不正ログイン被害を受けるとどうなるか

個人情報の流出

不正ログインされてしまうと、インスタグラムに登録していた電話番号メールアドレスなど非公開の情報まで盗み見られてしまいます。この情報からさらなる悪用につながってしまう可能性があります。
またダイレクトメールなどの個人的なやり取りも把握されてしまいます。

 

インスタグラム内での悪用

インスタグラムのDM機能を使用してインスタグラム内でつながっている人に対して、フィッシングサイト(詐欺)への誘導や、身に覚えのない文章を送り付けられたりします。自分以外の周りに迷惑が掛かってしまいます。特にお金よる被害が出てしまう可能性もあり非常に危険です。

 

他サイトでの悪用

この問題は非常に深刻です。多くの人が、インスタグラムのパスワードを他のサイトでも使用していることがあります。しかし、もしインスタグラムのパスワードが漏れてしまうと、他のサイトでも不正ログインの被害に遭う可能性があります。特にクレジットカード情報を登録しているサイトでは、不正利用のリスクが高まります。自分自身が金銭的な被害を受ける可能性があるのです。

 

どのようにして不正ログインされてしまうのか

パスワードの推測

インスタグラムではアップした画像などから名前や誕生日などの個人情報を推測・把握されてしまう可能性があります。これらの情報を把握されてしまうとパスワード推測されて不正ログインにつながります。特に多いのがパスワードを【 名前 + 誕生日 】に設定してしまっている場合です。これは最も危険かつ簡単に不正ログインにつながる組み合わせです。また、この組み合わせでなくとも簡単に推測できそうなパスワードの場合、推測から総当たり攻撃でパスワードを入力してログインされてしまうケースもあります。

 

フィッシング詐欺

本物のページと見分けがつかないようなインスタグラムの偽のログインページを作成し、ユーザーが偽のログインページにアクセスすることで盗みとられてしまう手口です。自分のアカウント情報を入力すると、それが不正ログイン者に送信されてしまいます。身に覚えのないメールやダイレクトメッセージから誘導されるケースがありますので、そういった場合は十分に注意しましょう。

 

不正ログインを感じたらとる対策

パスワードの変更

パスワードの変更は最も効果的な解決策です。パスワードが変更されるとログイン状態にあった端末全てがログアウトされます。不安を感じた場合、すぐにパスワードを変更しましょう。その際、他のサイトで使用されているものや、推測されやすいパスワードは避けましょう。

 

2段階認証の設定

初期状態ではオフになっているため、大半の人は存在すら知らないかと思われる「2段階認証」ですが、不正ログインの防止にはとても効果的です。設定から簡単に利用できます。利用することによるデメリットはありませんので必ずオンにしましょう。

 

他のサイトでの悪用の可能性を考える。

すでに他のサイト等で悪用されている可能性も考えなくてはなりません。ECサイト等ではログイン時に通知はありませんので気が付きにくいです。メール等をよく確認の上、不正利用の可能性を慎重に確認してください。

 

悪用されてしまった場合

他サイトでの金銭的な被害が出てしまった

万が一クレジットカードや通販等での不正利用があった場合には、すぐにクレジットカード会社やECサイト等に連絡をしましょう。クレジットカードであれば不正が認められれば利用額は保証される可能性があります。

 

周りの友人等にURL等文章が送られてしまった。

周りの友人等がフィッシング詐欺等の詐欺に誘導され被害に遭う可能性があります。 

すぐに事情を説明し、訂正の文章を送りましょう

 

まとめ

インスタグラムの不正ログイン被害を受けると、個人情報の流出やインスタグラム内での悪用、他サイトでの悪用などのリスクがあります。不正ログインされる原因としては、パスワードの推測やフィッシング詐欺が挙げられます。不正ログインを感じた場合は、パスワードの変更や2段階認証の設定などの対策を取ることが重要です。また、他のサイトでの悪用の可能性も考慮しましょう。

タイトルとURLをコピーしました